インドネシアの「アヒル肉のビーフン」

「旅の指さし会話帳・インドネシア」の著者、武部洋子です。

 

最近、週末は早起きをしてランニングをしています。

日本もここのところすでに猛暑のようですが、ジャカルタも当然、ちょっとでも寝坊をしたら暑くて走れたものではありません。まだ薄暗いうちから家を出て、何キロかゆっくり走ったあとの最終目的地は市場。

その日の料理をするための、新鮮な野菜の買い出しです。

 

でも、なによりの楽しみは朝ごはん。

私の定番は、ある店の豚まんだったんですが、最近にぎわいすぎて注文もなかなかできなくなってしまいました。

そこで別のところを探していて、なんとなく入ったお店で試したアヒル肉ビーフンが大ヒット!もうおいしくておいしくて。

この写真を見た友人たちからは、ベトナム?タイ?と聞かれましたが、ここには「メダン(北スマトラ)料理」と看板が出ています。ジャカルタのどこでも食べられるというメニューではありません。

料理の名前はインドネシア語で、bihun bebek(ビーフン ベベッ)と言います。

ビーフンは日本のビーフンと同じもの。米の粉でできた麺です。

ベベッはアヒル。インドネシアでは非常にポピュラーな食材です。

写真からも伝わるかと思いますが、肉がぷりっぷり。アヒル肉は鶏肉より歯ごたえがあります。

ビーフンもコシが強く、スープはなんと薬膳風味。ほかにも見たことのないメニューがあったので、また行かなきゃ。

毎週末の楽しみが増えました!

 

編集部より:

武部さんの住む北ジャカルタの住宅街は、「おいしいものが多いことで有名」とのこと。そのおいしい朝ごはんについての記事も、書かれています。 ぜひ併せてお読みください。

https://traveloco.jp/kaigaizine/breakfast-indonesia

 



旅の指さし会話帳2インドネシア(インドネシア語)[第3版]

旅の指さし会話帳2インドネシア(インドネシア語)[第3版]

著者:武部洋子
イラスト:北島志織
サイズ:A5並製

書籍を購入する

この記事にコメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※メールアドレスが公開されることはありません。