タイの大ヒット曲「バンコクアレルギー」

「旅の指さし会話帳・タイ」の著者、加川博之です。

経済成長が続き、もはや途上国とは言えなくなってきたタイ。都会に暮らす人たちの間では、週末に高原でキャンプするなど自然回帰がブームになっています。

大ヒット曲となった『バンコクアレルギー(ภูมิแพ้กรุงเทพ)』のPVも、そんな大都会・バンコクの若者が、山奥の村で美しい娘と出会うストーリーが描かれたもの。

PVの冒頭、バンコクの大気汚染で気管支をやられた若者に、医者はこう説明する。

「空気の澄んだ所で療養しなさい。私が良い場所を紹介しよう。とても遠く行きづらいが、私はそこの村長と知り合いだ。彼を訪ねて行きなさい。その後の人生はどうするか自分で決めなさい」

オンボロバスにゆられてやってきた、畑の中の一本道。若者は言う。

「ここは他のどこよりも空気がいい」

 

歌詞の内容は

途中出会う美しい娘が言う。

「バンコクの男性はすごく怖い。この辺の女の子はみんなまじめで世間知らずなの。まさか誰かを騙しに来たんじゃないでしょうね」

 

*「排ガスと埃まみれのバンコクでぼくの体は蝕まれた。アレルギーなんだ。気が多いイケイケなバンコクの女の子も危なくて、心がまいっちゃったんだ」

 

**「君に出会ってからものすごく幸せなんだ。冷たくしないで癒しておくれ」

「あなたが本心で言っているなら私もいいわよ。騙してないなら心から愛するわ」

「ぼくは騙してなんかいないよ。ぼくらの愛はずっと永遠に」

 

(ここから2Aメロ。女の子から)

「あなたが治っても私を置いてかないでね」

「治ってもぼくはずっとここにいさせてもらうよ。ここが好きだし身体も心も癒される」

 

「でもバンコクの女の子はどうなの」

「彼女たちが君の気持ちに敵うわけないよ」

「だって彼女たちすごくきれいだし」

「あれは整形なんだよ、気にしないことさ。本当の美しさは内面からくるものなんだ」

*

**

繰り返し

 

「ぼくらの愛はずっと永遠に」

 

次回投稿:タイ「バンコクアレルギー」のスターたち >>

 


旅の指さし会話帳1タイ(タイ語)[第3版]

旅の指さし会話帳1タイ(タイ語)[第3版]

著者:加川博之
イラスト:むろふしかえ
サイズ:A5並製

書籍を購入する

この記事にコメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※メールアドレスが公開されることはありません。